3月例会開催

JUGEMテーマ:地域/ローカル

平成28年3月17日(木)午後6時30分より、さくらんぼ温泉「大二館」にて3月例会を開催した。加藤徹専務理事の司会のもと、菊地正悦副会長の開会の挨拶で始まった。その後、庄司建二会長の挨拶後に講演会が行われた。
今回は、天童市開業の齋藤裕太先生による「スポーツ歯科(マウスガード)について」講演して頂いた。
スポーツ時における口中の外傷として、歯牙の脱臼や破折、変色などが多く、その他にも口唇や舌などの口腔軟組織の裂傷が挙げられ、これらを予防、または保護してくれるのがマウスガードである。近年でも、プロスポーツ選手がマウスガードを装着してプレーする写真や映像を目にするが、まだまだスポーツ界全体には浸透していないのが実情のようだった。
また、マウスガードは咬合のバランスとも関係があり、装着時には咬合のバランスが整えられ、更には顎位の安定にもつながるので、運動中の筋肉の活動を高めたり、リラックス効果によって、パフォーマンスの向上につながっているのではないかとの事だった。
齋藤先生は、実際に実業団野球チームや高校のバスケ部やカヌー部へ足を運び、スポーツ歯科講話やマウスガードの作製を行っており、その時のエピソードや苦労話などの話も聞く事が出来た。また、マウスガードの作製方法や実物も見せながら、スライドや動画も交えて分かりやすく講演して頂き、会員は、普段なかなか聞く事の出来ない演題に熱心に聴講していた。
講演会終了後、懇親会が行われ、会員は和やかに親睦を深め閉会となった。
 

2月例会、講演会開催


平成28年2月18日(木)午後6時30分より、東根温泉「大二館」において2月例会、講演会が開催された。日本海病院歯科口腔外科部長、柴田 肇先生をを講師に迎え「最近の病院歯科事情」と題し講演いただいた。
先生が山形大学歯科口腔外科に赴任された35年前には3施設だった病院歯科は、現在では県内各地14施設まで増えたこと、抗血栓役投与患者の歯科完結治療のガイドライン、MRONJに関するポジションペーパーについて解説された。
口腔外科診療では腫瘍や唇顎口蓋裂、顎関節症などの症例が多数のスライドにて提示された。
また周術期口腔機能管理において日本海病院では、がん手術患者の周術期口腔機能管理を受ける割合が年々増加し、2014年度は70%を超えたことが示された。
その後和やかに懇親会が行われた。


 

北村山地区歯科医師会新年祝賀会開催

 平成28年1月28日(木)午後6時より、東根温泉ののか本郷館において平成28年北村山地区歯科医師会の新年祝賀会を開催した。来賓として、ご多忙の中、山形県議会議員の青柳安展氏、野川政文氏、能登淳一氏の三氏をお迎えして、祝辞を頂いた。歯科医療と行政の関わり方や小中学校でのフッ素洗口についての話、当会の若い先生方への期待など述べられた。
 今年初めての例会ともあり、美味しい日本酒を味わいながら、今年の暖冬の話や新年の抱負など、話は尽きず大いに盛り上がった。また、新入会員として、神町に開業予定の枝松満君が紹介された。
今年一年も会の更なる飛躍を誓い、閉会となった。また、二次会でも多くの会員が参加して、お互いに親睦を深めた。
           
 




 

クリスマス家族会開催

  

平成27年度12月3日(木)午後6時より、天童市駅西にある結婚式場 GLAMOROUS SWEET(グラマラススウィート)にて「クリスマス家族会」を開催した。
庄司建二会長の挨拶後、菊地正悦副会長の乾杯で幕が開けた。昨年から今年にかけて新入会員も増えて、今回の参加人数は総数58名(会員22名、奥様15名、お子様21名)と大変多く、序盤から会場は大いに盛り上がった。
今年もクリスマスらしい装飾と結婚式場らしい華やかで美味しいコース料理やお酒で盛り上がる中、恒例の子供たちによるケーキ作りのアトラクションが行われた。3チームに分かれ、スポンジにクリーム塗りから始まった。昨年までは慣れない手つきで苦労している場面もみられたが、今年はレベルが上がり、各チームごと、協力し合いながら手際よく3つの豪華なオリジナルのクリスマスケーキが完成した。
その後、今年も庄司会長がサンタの衣装で登場し、子供たちにクリスマスプレゼントが配られた。更に、普段お世話になっている奥様方にも感謝の気持ちを込めて、チョコレートのプレゼントが渡された。
今年最後の例会という事で、今年の出来事や来年の抱負など話ははずみ、あっという間に時間が過ぎて、松田幸夫君の中締めの挨拶で、閉会となった。しかし、まだまだ話が尽きず、閉館時間近くまで会員は親睦を深め合った。
 

4地区合同学術講演会を開催

  
平成27 年10月17日(土)午後3時から北村山地区、新庄地区、西村山地区、天童東村山郡歯科医師会、合同学術講演会が、行田克則先生(東京都開業)を講師に迎え「歯周組織の特徴から治療とメインテナンスを再考する」(患者さん本位の治療を目指して)と題して開催された。
講演では「歯肉を失わないための臨床」の重要さが強調された。
歯周治療においては、過度のルートプレーニングの為害性、手用スケーラーに対する超音波スケーラーの優位性、外科処置への移行はポケットの深さではなくポケットからの排膿の有無で判断すべきことなどが解説された。
患者自身のメインテナンスにおいては、やわらかめの歯ブラシで60 〜100グラムの弱圧でのブラッシングが重要なこと、歯間ブラシは使用しないほうがよいことなどが解説された。
少し型破りではあるが、長期症例を多数示した説得力のある講演会に、88名の参加者たちは感動していたようだった。

 
JUGEMテーマ:地域/ローカル

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode