<< 9月例会開催 | main | クリスマス家族会開催 >>

4地区合同学術講演会を開催

  
平成27 年10月17日(土)午後3時から北村山地区、新庄地区、西村山地区、天童東村山郡歯科医師会、合同学術講演会が、行田克則先生(東京都開業)を講師に迎え「歯周組織の特徴から治療とメインテナンスを再考する」(患者さん本位の治療を目指して)と題して開催された。
講演では「歯肉を失わないための臨床」の重要さが強調された。
歯周治療においては、過度のルートプレーニングの為害性、手用スケーラーに対する超音波スケーラーの優位性、外科処置への移行はポケットの深さではなくポケットからの排膿の有無で判断すべきことなどが解説された。
患者自身のメインテナンスにおいては、やわらかめの歯ブラシで60 〜100グラムの弱圧でのブラッシングが重要なこと、歯間ブラシは使用しないほうがよいことなどが解説された。
少し型破りではあるが、長期症例を多数示した説得力のある講演会に、88名の参加者たちは感動していたようだった。

 
JUGEMテーマ:地域/ローカル

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode