<< 令和元年度5月例会開催 | main | 北村山地区歯科医師会7月の例会を開催 >>

令和元年度6月例会開催

 

北村山地区歯科医師会は令和元年6月29日(木)午後5時30分より、さくらんぼ東根温泉「石亭 小松」にて、山形県歯科医師会三役を来賓としてお迎えし6月例会を開催した。

当地区歯科医師会・菊地正悦会長の開会の挨拶の後、形歯三役よりそれぞれ時局講演をお願いした。

 

本年度新形歯会長に就任された富田 滋先生には2019年度の骨太方針について伺った。その中で慢性的な歯科衛生士不足、歯科専門学校の入学者の減少、再就職支援問題など山積となっている。歯科衛生士バンクを結成し、今現在離職されている歯科衛生士の掘り起こし、また多職種に携わる仕事も斡旋し活性化させたいと抱負を述べられた。また、女性歯科医師の会やニューグレープについて貴重なるお話を伺った。

 

土門宏樹副会長からは国民医療費の歯科医療費の割合や、昭和38年から平成28年における構成割合や推移について述べられた。

逸見良平副会長からは参議院選挙について、そして控除対象外消費税について伺った。

続いて、奥山博和専務理事からは歯科衛生士学校の創立当時から現在に至るまでの状況についてお話して頂いた。

各理事より、連絡事項があり会は終了した。

 

    

会場を移し、形歯三役を囲み懇親会となった。

 

新入会員の枝松君より挨拶

 

宴は盛り上がる中、庄司建二君より中締めの挨拶となり、閉会した。

 


コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode