<< 令和元年度 9月例会開催 | main |

令和元年度 北村山地区・新庄地区・西村山地区歯科医師会学術講演会を開催

 令和元年112日(土)午後3時より、村山市「クアハウス碁点」会議室にて三地区合同学術講演会を開催した。

愛媛県開業 にしだわたる糖尿病内科院長である西田亙先生を講師としてお迎えし、「糖尿病を絆にした医科歯科薬科連携」というテーマでご講演を頂いた。

 

    加藤 徹副会長による開会の挨拶

 

   菊地 正悦会長の挨拶

 

   講演する西田 亙先生

 

講演内容は次の通り。

冒頭、「年4回以上の歯科通院により糖尿病の医療費と入院回数は4割減少する。」という衝撃的な話から始まった。

医科歯科連携の経緯について触れ、糖尿病治療ガイドラインにおいて歯科連携の重要性が謳われたのは2010年である。歯周病と糖尿病には密接な関係があることが分かっている。初診時に歯肉の出血、腫脹が認められる場合は、歯科を受診させることが望ましい。日頃から糖尿病に関して歯科医と連携を持っておくことが重要である。

更に2019年度には糖尿病診療ガイドラインでは、歯周治療による血糖コントロールの改善で推奨グレード「A」になったという。

昨年、北村山地区歯科医師会でご講演していただいた、山田宏参議院議員に触れ、国民の健康寿命延伸に向けて、2016年に衆参議員を中心に「歯科口腔医療研究会」を設立し勉強会を立ち上げ、医科歯科連携に尽力を頂いている。

歯科口腔医療の充実に関する緊急提言所が20175月に安倍首相に手渡しされた。これは生涯を通じた歯科健診の充実、入院患者等に対する歯科口腔機能管理の推進、施設等入所者に対する歯科専門職が係わる積極的な口腔管理の介入などが盛りこめられたものである。

2018年には骨太の方針として、口腔の健康は全身の健康にもつながることから、生涯を通じた歯科健診の充実、入院患者や要介護者をはじめとする国民に対する口腔機能管理の推進、地域における医科歯科連携の構築など歯科保健医療の充実に取り組むという内容である。そして、20184月に診療情報連携共有料が誕生する。

 

 

休憩を挟んで後半は高病原性の歯周病菌は血行性に全身へ播種し、全身疾患を引き起こすという話である。口腔から子宮感染により出産直前に絶命した胎児を例に挙げ、病理解剖したところ原因は口腔内在住のF.nucleatumという細菌と分かった。

羊水内細菌を認めた妊婦は全員が早産で、F.nucleatum33.3%を占める。

 

     

 

最後に糖尿病は治癒する病気ではないので決して通院を中断しないよう指導することが大切である。通院中断こそ最大の悪、通院継続こそ最高の善である。歯周病も同じことが言える。令和の予防歯科は鎮守、人々の体を鎮め人々の未来を守ると結んだ。

西田先生のご講演はユーモラスで大変楽しくあっという間の3時間であった。

 


コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode